バブル期のワンピースでも売れるけどやっぱり安い、宅配買取り体験

私はシンプルライフや断捨離に感化され、大量にある衣料品の整理を決意しました。

ブランド好きで服もバッグも山のようにあり、元値を考えるとごみ袋に押し込むのはケチ心が封印できませんでした。

周辺の友達でも身辺整理が流行っており、宅配買取に出した人もいましたので、いろいろ話を聞きました。

どんなものでも、宅配買取に出せば一応売れる。

そして、どんなものでも、値段は安いというのが共通意見でした。

会社員でみんなそれなりには忙しかったので、服を選定し、袋に入れて持ち込むという作業自体も負担になるため、宅配買取はおすすめとのことでした。

とにかく、服はたくさんあったし、中にはあきらかに流行をすぎたものもあったので、いったい売れるものなのかは不安になりました。

いわゆるバブル期のものすごく派手なプリントのワンピースなどです。

元値は高かった服だし、派手な服なのでしょっちゅう着用するわけでもなく、状態は良かったですが、この服を買って着る人がいるとはとてもイメージがつきませんでした。

買い手がつかないと寄付するようなことも聞きましたが、生活に困窮している人や、海外の難民にもとても似合う代物とは思えませんでした。

知人に聞くと、それでも売れるそうでした。

彼女は好奇心旺盛で、お店にコンタクトするときに、一体このようなものをどうするのか聞いてみたそうです。

すると、昔の時代のドラマの衣装等に使用することがあるとのこと、非常に納得がいったので、彼女の利用したお店に宅配買取りを頼みました。

箱も自分手配、送料は自分持ちで、代金に加算して振り込まれる、査定が気に入らなくて返却だったら着払いと殿様商売でしたが、一応全品値段はつきました。

とは言っても、段ボール数箱で総額数百円と、あっけにとられる金額でした。

ブランドバッグも数点あり、買った値段を考えると目がくらみますが、これからよく考えてお金を使うという意識にもつながり、いい経験にはなったと思います。

(東京都 ななかさん)